クリーニング会社への就職の実状

クリーニングクリーニング業界というものは、実はかなり「クレームが多い」とされる最たる業界です。

これは、モンスタークレーマーともいうべきクレーマーが多いことで有名な業界であり、「人としてあり得ないだろう」というようなクレームを、わざとクリーニング店に文句をつける人が、実は後を絶ちません。

この理由に関しては、「新品同様のものを弁償してもらえるかもしれない」という心理がクレーマーの中に潜んでおり、そのためクリーニング業界の方々は、結束してこのようなモンスタークレーマーとされる人たちに対して、努力を続けておられます。

就職の際には、このような条件から「お客様が怒号してきても、冷静に対応できる姿勢」を持った社員さんが求められます。

クレームをつけてくる悪質なケースの人間の場合、しっかりとクリーニングがされているものでも、ただただ、「新品同様のものをただで手に入れたい」という信じられない欲が心理的に働いていますのでそれに屈することない精神力が必要になってきます。

ただ、やみくもに喧嘩になってしまえば他の良識的な良いお客さんが離れてしまう可能性が高いため、その点に関しては、すぐに店長さんなどに相談するなど「しっかりと業務連絡などを行える姿勢」をもった人が就職の際の条件として、求められる人材となっています。

また、このような悪質なケースの場合には、実は、証拠などを掴むことができるため、一度このような証拠を見せられたクレーマーの場合には、警察沙汰になることを恐れて今後はこのようなクレームを行わない、ということもあります。

クリーニング店舗さんへの就職は、とてもさわやかで素敵なイメージがありますが、内情としてはとても苦労が多い現場となっています。