トリマーの就職試験に応募する際の志望動機の書き方

カットしたてのチワワトリマーは動物の毛をカットし美しく仕上げる職業です。
人間の美容師と異なり、言葉を話せない動物が対象となるためカットなどの技術だけでなく、動物とのコミュニケーション能力や飼い主とのコミュニケーション能力も重要となる非常に難しい仕事と言えます。
その為トリマーの求人を行う際には多くの場合単に技術だけでなく、その人間性が問われることが多いものです。
どんなにカットの技術が高くても、動物に嫌われるようであれば仕事になりませんし、またその様子を見る飼い主も非常に不安で仕事を任せてはくれないものです。
トリマーの就職試験に合格するためには、第一に動物が好きだということを明記することが必要です。
その上で、動物ともっと良いコミュニケーションを取るための探究心を持っていることを示すのが最も良い志望動機の書き方です。
多くの場合動物は自分の毛をカットされることについては大きな恐怖感を憶えるものです。
その際にトリマーが信頼できる相手であるかどうか、また自分の毛を切らせることを許してよい相手かどうかを瞬時で判断するのです。
その為、動物に対して愛情を注ぐことが出来ること、またその愛情表現についてさらに追及する姿勢を見せることが非常に重要です。
その上で、これらの追及を行うとともに良い仕事が出来る場所としてこの就職先を選んだという結論に結びつけるような志望動機が非常に説得力のある内容となります。
トリマーは人間の美容師とは異なり、基本的には嫌がる動物の毛をカットするのが仕事なので、その技術よりも安全に作業を行うことが非常に重要となります。
これを第一に考え、その上で動物にも飼い主にも愛情を持って接することが出来る人材が求められているため、この内容に答える志望動機であることが大切です。