専門職のSEとして就職するには

システムエンジニアの男性専門職のSE(システムエンジニア)として就職をするには、通常それなりの適性・知識などが必要になってきます。
キャリアのスタート時点では吸収するべき基礎的知識などは大体定まっているものも多く、それを踏まえた上で、上位の専門職としてSEのキャリアを積んでいきます。
現在就職活動中などでしたら、空いた時間で資格を取るというのもひとつの方法でしょう。
基本から押さえていこうとお思いでしたら情報処理技術者試験をひとつの選択肢としてご提案します。
レベルは1から4まであり、上位にいくほど難しくなっていきますが、もし専門職のSEとして就職活動をしていくおつもりでしたらレベル1の「ITパスポート試験」はあまり意味があるレベルではないかもしれません。
若いうちに受けていく初めとしてはレベル2の「基本情報技術者試験」などがいいかもしれません。
学生時代に合格していれば、基礎的な知識はある程度認めてもらえる場合があるでしょう。
またレベル3の「応用情報技術者試験」も若いうちに合格していればある程度認めてもらえる場合があります。
この辺りから地頭の差が試験結果に影響を与える部分が出てきますので、地頭がある若いうちにとっておきたいものです。
実際合格者の平均年齢は20歳代後半くらいで推移しています。
国家資格でありながら必ずしも業務に役に立つわけではないといわれることもある情報処理技術者試験ですが、若いうちに基礎的なことを押さえておくのは上位レベルを目指す場合は必要ですから、そのついでに資格を受けるというのも、勉強のしやすさという点でもいいかもしれません。
その後は「データベーススペシャリスト試験」や「ネットワークスペシャリスト試験」などのレベル4の資格を視野に入れて専門職を目指していきます。
持っていることで役に立つことがある場合も意外とありますので検討なさってはいかがでしょうか。