就職するのはやはり正社員?派遣?アルバイトは?

アルバイト、派遣の求人雑誌一昔前までは高校や大学を卒業したら正社員としてある会社に就職して定年までそこに勤める人が多かったのですが、最近はその傾向が変わりつつあります。
もちろん今でも学校を卒業したら正社員として働く人が多いのですが、中には派遣社員やアルバイトをして生計を立てている人もいます。
ではどの形態で働くのが良いかと言えば一概に言うことは出来ず、その人の価値観や将来の人生設計等によっても変わってきます。
ただ単に正社員で働くと残業などがあってきつそうなので、派遣社員やアルバイトとして働いた方が良いと考えているだけであれば将来に少し不安が残ります。
女性であれば子育てが終わった40代や50代でも派遣やアルバイトで雇ってもらうことが出来る場合がありますが、男性の場合は歳を取ると派遣やアルバイトで雇ってくれる会社が極端に減って来ます。
そのため生活費を稼ぐのが難しくなり大変なことになってしまう人もいますが、ただ作家やタレントになる等の夢がある場合にはある一定の年齢までなら男性でも派遣やアルバイトで働くのも良いかと思います。
しかし男性の場合は特に将来のことを考えると正社員で働いた方が良いので、なるべくならこの形で働いた方が良いです。
ただ若いうちは派遣やアルバイトの仕事をして人生を楽しんで、20代後半までにどこかの会社に正社員として就職をすると言うのも一つの方法ではあります。
男女ともによほどの理由がないと30代を過ぎると正社員として雇ってもらえる会社が極端に減ってしまうので、そのことを頭に入れて就職活動をした方が良いです。
このようにどのような形態で働くのが良いかは一概には言えませんが、大切なことは将来設計をしっかりと持った上で就職先を決めた方が良いと言うことです。