昨今の就職内定率と今後の傾向

内定が決まった学生毎年大学生の就職内定率がニュースで報道され、その年の経済と連動して耳にする事が多くなります。
毎年何十万人という学生が学校を卒業し社会人となりますが、内定率は経済に大きく左右され、その年によって企業も内定数が変わる事が多くなります。
そんな中、今後大学生の就職内定率はどの様に変化をして行くのでしょうか。
まずここ数年は経済の状況も良く、多くの企業が積極的に採用活動を行っています。
そのため、年末を迎える頃には多くの学生が内定を決めており、中には内定をいくつも抱える学生もいる程です。
少子化と言われる現代において、優れた学生に内定が集める傾向にある事も事実です。
そして日本の少子化の影響で海外の学生が日本で内定を獲得するケースも増えてきました。
アジア人を中心に、語学が堪能な外国人学生が日本で就業を希望するため、企業も積極的に外国人学生の採用を行っています。
しかし経済が良くない時期には就職氷河期と言われる程、多くの学生が内定をもらえない時期もあります。
特に中小企業では新卒採用をストップしたり、見送りにするケースも多く発生するため、学生にとってはいかに早く内定を獲得するかが重要になります。
世界経済が傾くと特に外資系企業の採用数が減り、日本経済が傾くと全体的に採用数が減少する傾向にありますので、学生の方達はその年の経済の状況を大きく受ける事を理解しておきましょう。
中には氷河期を終えたから就職活動を始める学生もいたりと、その年の状況に合わせて活動を変える事も可能です。
この様に経済の影響を大きく受ける就職活動は、今後も経済と連動して採用数が変化していく事に変わりは無いでしょう。
経済が傾く時期は要注意が必要でしょう。